鈴木颯介のブログ

技術的なメモとかポエムとか。

「若いのにすごいね」

私は15歳のときからプログラマーとして働いています。

プログラマーとして活動していく中で、色々な大人と出会う機会がありました。その中で、多くの人から「若いのにすごいね」と言われることがあります。

昔、働きはじめたときや、働く前はその言葉は僕にとってとても嬉しいものでした。それまで大した長所もなかったけど、ここでは褒めてもらえるんだということが単純に。

今も、悪く言われるよりは良いと思っていますが、でも「若くなかったらどうなんでしょうね。」と思うことが増えました。

多分、プログラマーとして働いてきて、まだ2年やそこらですが、プログラマーとしてのプライドのようなものが気づかないうちに形成されてしまったのでしょう。

「若いのにすごいね」という言葉は「そのへんの同じ年の人と比べてすごいね」という意味でしょうから、そりゃあ2年間プログラマー(プログラミング歴だけで言えば4年くらい)をやっていればそのへんの同い年の人よりはプログラミングはできるようになるでしょうよって、そんなふうに思ってしまいます。

もともと自己を肯定するのが苦手なタイプなので、傷つくとかそういうことはないものの、「まあやっぱりその程度だよね」という風に思います。

でも、例えば自分が12歳の優秀なプログラマーに会ったら、そのときは「若いのにすごいね」という言葉をかけてしまうかもしれないなとも思います。そうなったときの私には、「そのへんの同い年と比べてすごいね」という気持ちはもちろんないでしょう。

でも、全く正当な目線で見れているかと言われれば、正直わかりません。相手の年齢が低ければ低いほど、実際よりその人の能力を無意識のうちに高く見てしまうのは、やっぱりあるんだと思います。

今の会社では、ほとんどの人が私の年齢を知っています。

会社の人からの私への評価は、本当に正当なのか、という不安というか疑問があります。単に私がひねくれているだけかもしれないですが。

あと、10年後もすごいねと言ってもらえるような技術者でありたいし、自分が大人になって、若い優秀な人に出会ったときにかける言葉はきちんと考えないとなぁって思います。

技術職で、あんまり年齢って公開するもんじゃないかもしれないですね、っていうポエムでした。