鈴木颯介のブログ

技術的なメモとかポエムとか。

2018年が終わるから今年を振り返ろう

2018年ももうすぐ終わりなので、今年1年を振り返ってみます。

1月〜3月-当時のバイト先の環境が大きく変わりました

当時のバイト先のBoostIOでの環境が大きく変わりました。会社としてのフェーズが変わり、人が変わり、オフィスが変わり、技術も変わり。それまではもっぱらフロントエンドをやっていたのですが、今年に入ってからはバックエンド開発の業務に関わることが圧倒的に増えました。

そしてこの頃から転校を考え始めました。

5月-N高等学校に転校しました

前にブログで書きましたが、N高等学校に転校して、生活環境が大きく変わりました。家にいることが多くなって体を動かす機会が減ってしまい、かなり太りました。

tako-programing.hatenablog.com

10月-大学受験に合格しました

こちらも以前ブログに少し書きましたが、筑波大学情報学群情報科学類にAC入試で合格しました。別に人にアドバイスできる立場ではないんですが、もし書類に書いた内容とか面接についてとか聞きたい方がいたらTwitterのDMとかFacebookメッセンジャーとかで連絡くれれば可能な範囲で公開はします。

12月-バイトが変わりました

約2年間お世話になったBoostIOを辞め、インターンという形でUbieというAI医療のスタートアップで働き始めました。

BoostIOを辞めた理由はUbieに誘われておもしろそうだったからというのが主な理由で、ドロドロした話は特にありません。「転職を考えています」という話をしたときも(当たり前かもですが)特に何もなく認めてくれました。最終日になぜかみんなでカラオケに行ってCTOにコブクロの蕾を歌われたり、サプライズでケーキが出てきたりしました。初めてエンジニアとして働いた会社で良い人たちと巡り会えたのは幸せなことですね。BoostIOでの仕事についてはそれについて1つ記事を書いてもおもしろいかもしれません。

Ubieに入った理由は、上にも書きましたが一言で言えば、「誘われておもしろそうだったから」です。以前から交流があったUbie社員のエンジニアの方に、Ubieオフィスで行われているイベントに誘っていただいて(そしてケーキをいただいて)、そこで話を聞いてインターンとして働くことを決めました。

Ubieで働き始めて2週間程度なのですが、すでに周囲の人々の能力の高さに圧倒されています。自分も価値を出していけるよう頑張ってまいります。

まとめ

結構適当に生きていたんですが、こうして振り返ってみると実はいろいろあった激動の1年になっていました。来年の4月からは大学生になったりとまたいろいろありそうなので、これからも精進していきたいですね。